AMD Elite A-Series APU "Richland"カテゴリの目次

AMD Elite A-Series APU "Richland"カテゴリの目次です。

AMD A-Series APUのPCは、カジュアルながらいろいろ活用してみたい方に向いた、ローコストなミドルスペックPCです。
AMD Elite A-Series APU "Richland"では、「ローコストで、なかなかの性能のミドルスペックPCが組める」ことが最大の特徴です。

なお、消費電力は、概ね最小構成でアイドル時に40W以上となります。この消費電力を高いと見るか、パフォーマンスや使い勝手の部分で納得できるかという点が、実用におけるポイントかもしれません。用途は、インターネットとメールだけですと、A-Series APU以外のもっと省電力のPCで事足りると思います。ランニングコストにおける重要点「電気代」を考慮すると、他のメインプロセッサーでPCを組んだり、ノートPCを使う方が良いと思います。

カジュアルながらも、いろいろなことをやってみたい場合(オーバークロックやダウンクロック、省電力化、PCゲーム、エンコード、画像編集など)には、なかなかのコストパフォーマンスでいろいろ楽しめるPCであると思います。

A10-6800Kで自作PC体験
A10-6800Kで組んだ自作PCで日々試してみたこと、分かったことなどなどを、少しずつ記事にしています。常用機での長期間使用を行っているため、ワットチェッカーでの消費電力チェックなど実用時の体感に重点をおいた内容が多い傾向となっています。

また、出来上がった記事から掲載を行っています。体験レポート記事を書くのは、検証なども伴うため記事にすることがなかなか大変です。個人的な知識不足でよく分からない結果となったものは、信憑性が担保できないこともあるため、記事にならないことも多いです。したがって、内容は豊富とは言えませんが、多少なりとも参考にはなれば幸いです。

※改訂について
記事の順番は、
時系列を重視します。但し、順番の前後関係を考慮した上で、より分かり易くなるように並べ替える可能性があります。
記事の題名は、
煩雑であると感じた場合は、適宜修正する場合があります。

勉強会
『AMDのデスクトップPC向け「AMD Elite AシリーズAPU」新製品に関するNDA形式のブロガー勉強会』に参加しました。
http://keyrg.jugem.jp/?eid=450

『AMDのデスクトップPC向け「AMD Elite AシリーズAPU」新製品に関するNDA形式のブロガー勉強会』に参加した感想
http://keyrg.jugem.jp/?eid=452

コンピューティングはいよいよ CPU+GPUへ 〜『AMDのデスクトップPC向け「AMD Elite AシリーズAPU」新製品に関するNDA形式のブロガー勉強会』プレゼンテーションの序盤〜
http://keyrg.jugem.jp/?eid=453

「ASUS F2A85-M PRO これだけは試していただきたい 4つのこと」と体験記事へのリンク
http://keyrg.jugem.jp/?eid=461

質疑応答の内容:ざっくばらんで鋭く突っ込む参加者とタジタジのAMD
http://keyrg.jugem.jp/?eid=460

自作PCの組み立て準備
AMD Elite A-Series APU "Richland" 『A10-6800K』の写真。
http://keyrg.jugem.jp/?eid=456

最強のBIOS更新機能 ASUS「USB BIOS Flashback」を使ってみた。
http://keyrg.jugem.jp/?eid=459

取り敢えず完成 DDR3-1866メモリを使用
AMD Elite A-Series A10-6800Kで「2013年夏の自作PC」を作成
http://keyrg.jugem.jp/?eid=458

AMD A10-6800KとASUS F2A85-M PROで組んだ自作PCは、素組みの最小構成でアイドル時41W。
http://keyrg.jugem.jp/?eid=463

CFD Elixir W3U1600HQ-4GをDDR3-1866に設定する方法(ASUS F2A85-M PRO編)
http://keyrg.jugem.jp/?eid=462

A10-6800Kで自作PC:自分に必要なパーツを載せて、消費電力を計測。
http://keyrg.jugem.jp/?eid=465

構成変更 DDR3-2133メモリでA10-6800Kをフルスペック化
A10-6800KのためにDDR3-2133メモリを購入したが、作りが雑だった。XMP対応ハイクロックメモリ『ADATA XPG V1.0 Series AX3U2133XW4G10-2X』
http://keyrg.jugem.jp/?eid=466

AMD Elite A-Series APU "Richland" A10-6800K+DDR3-2133の自作PCで、いろいろな作業を試して消費電力も確認してみた。
http://keyrg.jugem.jp/?eid=470

ドライバーの入れ替え(アンインストールとインストール)
AMDのグラフィックスドライバー更新手順:アンインストールから『Catalyst 13.8 Beta』のインストールまで
http://keyrg.jugem.jp/?eid=472

マザーボードの機能を試してみる
  ASUS EPUスイッチの省電力効果をワットチェッカーで確認。負荷が高いほど効果大だった。 (A10-6800K+F2A85-M PRO)
|http://keyrg.jugem.jp/?eid=481


JUGEMテーマ:コンピュータ

ASUS EPUスイッチの省電力効果をワットチェッカーで確認。負荷が高いほど効果大だった。 (A10-6800K+F2A85-M PRO)

ASUSのマーザーボード『F2A85-M PRO』に搭載されている付加機能「EPUスイッチ」は、ONにするだけで簡単に省電力化が可能という機能だ。そこで、A10-6800Kで組んだPCにおいて、どれくらい効果があるものなのか、ワットチェッカーを使って確認してみた。


AMDのグラフィックスドライバー更新手順:アンインストールから『Catalyst 13.8 Beta』のインストールまで (Windows 7)


内容
この記事では、Windows 7において、グラフィックスドライバーをアンインストールし、最新のBeta版ドライバーをインストールする、更新(入れ替え)の手順を記しておく。

所要時間は、アンインストールに約6分、インストールに約10分かかり、合計で約16分を要する。慣れれば、もっと早く済ませられると思う。

※この記事で使用しているOSは、
Windows 7 Professional 64bit SP1です。

この記事では、Windows 7用のユーティリティ「AMD Un-install Utility」を用いています。

手順
1. アンインストール(約6分)
(1) 旧版ドライバーとユーティリティのアンインストール
(2) クリーンナップ:
「セーフモード」で『AMD Un-install Utility』を実行


2. インストール(約10分)
(1) グラフィックスドライバーとユーティリティのインストール
(2) チップセットドライバーとユーティリティのインストール

A-Series APUでも、
FX-Series+RADEON HDグラフィックスカードでも
やり方は同じ。

個人的には、A-Series APU A10-6800K、FX-8350とRADEON HD 7870の自作PCでドライバー更新を体験済み。

ポイントは、
「AMDの勝手(やり方)を覚えて、慣れること」。

グラフィックスカードをNVIDIAからAMDに変更した頃は、あまり良く分からなかった。勝手の違いを認識するまでちょっと時間が掛かったからだ。今のところ、コツは以下のような感じだと思っている。飽くまで個人的な認識として。

アンインストール時もインストール時も、「高速」ではなく、必ず「カスタム」を選択して、コンポーネントを全て見て確認すること。これは、何故かと言うと、「高速」だと自分が意図しない不必要なおまけユーティリティもインストールしてしまうからだ。例えば、「USBフィルタードライバー」や「AMD GAMING EVOLVED APP Powered by raptr」は、インストールする必要がないユーティリティの筆頭に挙げられるでしょう。AMDのドライバーインストールのポイントは、必ず「カスタム」で行うことだ。


アンインストール時は、
綺麗に消すためにAMD Un-install Utilityも使用すること。

インストール時は、
グラフィックス→チップセットの順番で入れること。
チップセットドライバーのインストール時に、USBフィルタードライバーのチェックを外すこと(⇒USBフィルタードライバーは、インストールしない)。


具体的な作業の様子を
スクリーンショットを中心に記述しておく。

内容は、「グラフィックスドライバーをAMD Elite A-Series APU "Richland"に対応した『13.6 Beta』以降のものに入れ直す」作業となる。

なお、使用OSは、Windows 7 Professional 64bitとなる。

アンインストール
グラフィックスドライバー『AMD Catalyst Software Suite 13.4』
チップセットドライバー『AMD Chipset Drivers 13.4』

インストール
グラフィックスドライバー『AMD Catalyst 13.8 Beta』*
チップセットドライバー『AMD Chipset Drivers 13.4』

*なお、この記事を書いた時点では、まだ正式版が出ていないため、最新のBeta版『13.8 Beta』を入れている。

補足
チップセットドライバーについては、本来入れ直す必要がない。しかし、個人的には全部入れ直す方が工程として分かりやすいと思ったので、チップセットドライバーについても入れ直すことにした。

続いて、手順をスクリーンショットを用いて記していく。


PC起動中に[F8]を押しても、「セーフモード」で起動出来ない場合の対処法


Windows 7において「セーフモード」で起動するときは、PC起動中に[F8]キーを押せば良い。しかし、この方法で「セーフモード」が起動できない場合は、Windows 7の設定を変更する必要がある。

前提条件

ログイン方法
コンピューターの管理者の権限を持つユーザーアカウントでログインする。

ユーザーアカウント制御(UAC)について
a. ユーザーアカウント制御の画面が表示された際には、管理者アカウントのパスワード入力を要求されるので、それに従って操作を継続する。
または
b. ユーザーアカウントの制御設定の変更を一時的に「通知しない」に変更する(*作業が終了したら、設定を必ず元に戻すこと)。

手順

1. [システム構成]の設定変更

[スタート]メニュー
- [コントロールパネル]
- [システムとセキュリティ]
- [管理ツール]
- [システム構成]
と進む。

または、

[スタート]メニュー
- [プログラムとファイルの検索]にmsconfigと入力して[Enter]キーを押す。

[システム構成]の変更

「ブート」タブをクリックし、
セーフモードにチェックを入れ、
ボタンが「最小」になっていることを確認して、
「適用」をクリックする。

「OK」をクリックして[システム構成]を閉じる。

ダイヤログボックスが出る。 問題なければ、「再起動」をクリック。

2. セーフモードで目的の作業を行う

3. 変更した[システム構成]の設定を元に戻す

理由は、ここで施した設定変更が、Windows 7を起動するときに常に「セーフモード」で起動する設定であり、元に戻さなければならないため。

問題なければ、「再起動」をクリック。

Windows 7 が「通常モード」で起動する。これで全ての作業が終了となる。


以下では、具体的な手順をスクリーンショット付きで記しておくことにする。


AMD Elite A-Series APU "Richland" A10-6800K+DDR3-2133の自作PCで、いろいろな作業を試して消費電力も確認してみた。


先日、AMD Elite A-Series APU "Richland" A10-6800Kで組んだ自作PCのメモリを交換した。DDR3-1866からハイクロックなDDR3-2133となった。購入したのは、ADATAのメモリだったのだが、作りが雑で少し驚いた。

気を取り直して、A-Series APUで唯一のDDR3-2133に対応したA10-6800KをDDR3-2133で使用し、簡単にWebブラウジング、ハードウェアビデオエンコード、ゲームを試して、そのときの消費電力も確認してみた。

続きを読む >>

| 1/4PAGES | >>

Now Reading Post or Latest 5 Posts

Categories カテゴリー

Monthly Archives 月別アーカイブ

about me



RSS 1.0

Profile プロフィール

QR code, RSS and Atom

ページ別訪問数 ランキング

ページ別訪問数 トップ20
集計期間:2016/11/1〜11/30
計測:Google Analytics

  1. UEFIモードを有効にしてWindows 7 64bitをインストールする方法。

  2. 新型PS Vita Wi-Fiモデル PCH-2000:仕様から見た現行型との比較及び本体ラインナップをまとめてみた。

  3. AMDのグラフィックスドライバー更新手順:アンインストールから『Catalyst 13.8 Beta』のインストールまで (Windows 7)

  4. 最新型PS3本体「CECH-4300C」発売。CECH-4200との違いをチェックしてみた。

  5. Wii Uで有線LAN:Splatoonを快適にプレイ「I-O DATA『ETX3-US2』の導入とMTU値の変更について」

  6. Logicool Wireless Keyboard K270 は、安くて良い。安物としては、上出来な方だと思う。

  7. PS3本体CECH-4200:先代CECH-4000との明確な違いとラインナップをまとめてみた。

  8. 簡易水冷一体型CPUクーラーCORSAIR 『Hydro Series H60』(CWCH60)をAMD 『A10-5800K』(Socket FM2)に取り付けてみた…が、独特の騒音が我慢できず外した。

  9. 機能削除の新型番CECH-3000出荷開始。メリットとデメリットを考える。

  10. PS4 2017年以降発売予定タイトル

  11. AMDのドライバーとユーティリティ『Catalyst』のアンインストール作業手順 (Windows 7)

  12. PS3本体CECH-4000シリーズ。CECH-3000との違いを調べてみた。

  13. PS3/PS4『PULSE Wireless Stereo Headset Elite Edition』は、バーチャル7.1chサラウンドに重低音の振動変換と専用サウンドモードアプリなどが特徴の高級モデル。但し、日本未発売。

  14. HDDは、クイックフォーマットしない方が良い。

  15. PS3のHDD換装用として、SeagateのSSHD(500GB)を購入。

  16. PS3/PS4 日本未発売のSCE純正バーチャル7.1ch『Gold Wireless Stereo Headset』の特長について。専用アプリでサウンドモードの追加も随時実施中。

  17. A10-6800KのためにDDR3-2133メモリを購入したが、作りが雑だった。XMP対応ハイクロックメモリ『ADATA XPG V1.0 Series AX3U2133XW4G10-2X』

  18. AMD A-Series APU "Kavari"用 Socket FM2+ A88X マザーボード一覧

  19. SeagateのSSHD(2TB)で自作PC。Cドラのクローンを作成して使ってみた。Seagate ST2000DX001の換装手順と感想。

  20. 最強のBIOS更新機能 ASUS「USB BIOS Flashback」を使ってみた。

ソニーストアソニーストア

メモ

『CLIP STUDIO PAINT PRO』
ダウンロード版 (5,000円)
購入キャンペーン
「スタートアップガイド&お食事券プレゼント」
2016/12/12(月) 17:00まで

JUGEMの広告

無料ブログ作成サービス JUGEM

ゲーム発売予定表

レコメンド


昨今の新しいPS3本体は
最初期型より6割も省エネ
コストダウンモデル
最新型PS3本体
CECH-4300C
チャコール・ブラック
28,058円 HDD500GB
記事:仕様変更部分まとめ
その他の参考記事:
CECH-3000Avs.最初期型
消費電力比較
※据え置き型ゲーム機の新作ソフトは、ほとんどがPS4へ移行しました。最新ゲームで遊びたいという方は、PS4をご検討ください。



PS3/PS4のHDD換装なら
HDDより速いSSHD
よく使用されるデータはSSD部分にセットされるため、起動や繰り返しプレイの多いゲームの読み出しが高速に。動作音も静か。
Seagate
FireCuda 2.5 SSHD
2TB
ST2000LX001
2016/10/21頃発売
記事:旧モデル500GB版の購入レポ



グラフィック重視なら
PS4 Pro。
同性能レベルのPCよりも
圧倒的に安いのが魅力
SCEJA
PlayStation 4 Pro
ジェット・ブラック
CUH-7000BB01

48,578円 HDD1TB
2016/11/10発売予定
PS4本体・周辺機器一覧
PS4発売予定表



オンラインマルチプレイの利用以外にもなく様々な特典があります。
PlayStation Plus
3ヶ月利用権 1,337円
(1ヶ月あたり445円相当)
Amazon.co.jpギフト券やクレジットカードで購入可能です。PS+で毎月設定されるフリープレイタイトルは、一度購入手続きをすると加入中はずっと遊べるレンタル形式になっています。ディスカウントセールでは加入者割引で更にお得になる機会もあります。



三菱ゲーマー液晶
後継機種の最新モデル
フリッカーフリーLED
表示遅延0.05フレーム
D端子廃止HDMI端子x4
アイ・オー・データ機器
LCD-RDT242XPB
48,384円



Nintendo Switch
Splatoon 2
(スプラトゥーン2)

6,458円
2017/7/21(金)発売予定
誰もが夢中になる
名作ゲーム最新作登場!



Wii UやNintendo Switchのオンラインゲームには有線LANアダプタがお薦め。特にSplatoonなどリアルタイムのアクション系ゲームでは、通信の安定性向上に期待できます。
人柱で購入しましたが問題なく使用できています。
Splatoon 2先行試射会で
動作確認済み。
アイ・オー・データ機器
ETX3-US2
2,268円
記事:使用&設定レポート



Nintendo Switch
スプラトゥーン2セット
38,836円
2017/5/18(木)11:00〜
順次予約受付開始!
ネット予約は激戦必死。
店頭予約もしくは
セット商品が狙い目です。
Amazon.co.jpセット商品
任天堂公式ライセンス取得
液晶フィルム+ポーチ付き



Nintendo Switch
Proコントローラー

スプラトゥーン2
エディション
8,078円
Nintendo Switchの
マストアイテム。
本気でやるなら必須。
握りやすさ、ボタン配置、
クリック感が最高!
買って損なし、絶対お薦め!



特長は液晶より鮮やかな発色の有機ELディスプレイ
より綺麗なグラフィックで
楽しみたい拘り派の方向け
SCEJA
PlayStation Vita
3G/Wi-Fiモデル 限定版
PCH-1100 AB01
20,551円
PSVITA 本体・周辺機器
PSVITA 発売予定タイトル



コスパ最強ベストセラー
ワイヤレスキーボード
BIOS画面でも使えます。
ロジクール
Wireless Keyboard
K270
記事:K270購入レポ
新しいファームウェアもチェック
脆弱性対処済みファームウェアは、Unifying Softwareの[詳細]-[ファームウェアを更新する]で導入可能です。



3x3 IEEE802.11ac対応
有線がギガで速い
NECプラットフォームズ
AtermWG1800HP2