PS4:本体と周辺機器の一覧表とPS Plusの利用方法

PlayStation 4 本体や純正の周辺機器を記しています。
ゲームソフト以外で最低限必要なものをまとめてみました。

参考販売価格一覧へ

オススメは、PS4 Proです。

私は、旧型PS4のCUH-1200AB01からPS4 Proに買い換えましたが、買い換えてよかったと非常に満足しています。

なぜなら、消費電力はほとんど変わらず、グラフィックスは大幅に進化し、尚且つ、負荷がかかる場面以外では排気ファンの音も静かだからです。
消費電力は、グランツーリスモ・スポーツのクローズドベータテスト版のFull HDで130W〜153Wです。

特に、PS VRや大型タイトルをプレイするなら、断然PS4 Proがお薦めです。




以下に各製品毎の販売価格と公式サイトへのリンクを記しています。


本体と縦置きスタンド


PlayStation 4 (Standard)
CUH-2000、CUH-2100シリーズ
500GB
PlayStation 4 ジェット・ブラック 500GB
CUH-2000AB01

ソニー・インタラクティブエンタテインメント
32,378円 HDD 500GB

PlayStation 4 グレイシャー・ホワイト 500GB
CUH-2100AB02

ソニー・インタラクティブエンタテインメント
32,378円 HDD 500GB 新型番 2017/7/29(木)発売

PlayStation 4 (Standard)
CUH-2100、CUH-2000シリーズ
1TB
PlayStation 4 ジェット・ブラック 1TB
CUH-2100BB01

ソニー・インタラクティブエンタテインメント
37,778円 HDD 1TB 新型番 2017/7/4(火)より順次発売
*Amazon.co.jpでは、2017/7/22(土)入荷予定です。予約受付が7/18(火)より開始されました。

PlayStation 4 グレイシャー・ホワイト 1TB
CUH-2100BB02

ソニー・インタラクティブエンタテインメント
37,778円 HDD 1TB 新型番 2017/7/29(木)発売

PlayStation 4 ドラゴンクエスト ロト エディション
CUHJ-10015

43,178円 数量限定 CUH-2000シリーズ HDD 1TB
Amazon.co.jp限定特典付き

PlayStation 4 Pro
CUH-7000シリーズ
1TB
PlayStation 4 Pro ジェット・ブラック 1TB
CUH-7000BB01

ソニー・インタラクティブエンタテインメント
48,578円 HDD 1TB
従来のPS4よりも高い性能を持つハイエンドモデル。
新型メインプロセッサーを採用し、主にグラフィックス性能が大幅に強化されました。

PlayStation 4 Pro グレイシャー・ホワイト 1TB
CUH-7000BB02

ソニー・インタラクティブエンタテインメント
48,578円 数量限定 HDD 1TB 2017/9/6(水)発売予定

縦置きスタンド
CUHJ-ZST2J
上記PS4/PS4 Pro本体専用です

PlayStation 4専用縦置きスタンド
CUH-ZST2J

ソニー・インタラクティブエンタテインメント
2,462円 CUH-2000/CUH-7000用


新型DUALSHOCK 4と充電スタンド


DUALSHOCK 4 充電スタンド
CUH-ZDC1J

ソニー・インタラクティブエンタテインメント
2,678円
最大で2台まで同時に充電可能
必ずしも必要な周辺機器ではありません。
なお、PS4では本体の電源スタンバイ時にUSBケーブルで充電可能です。


ワイヤレスコントローラー(DUALSHOCK 4)
ジェット・ブラック (CUH-ZCT2J)
マグマ・レッド (CUH-ZCT2J11) 2016/11/10(木)発売
ウェイブ・ブルー (CUH-ZCT2J12) 2016/11/10(木)発売
グレイシャー・ホワイト (CUH-ZCT2J13) 2017/2/23(木)発売予定
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
6,458円 新型CUH-ZCT2Jシリーズ

ワイヤレスコントローラー(DUALSHOCK 4)
ゴールド (CUH-ZCT2J14) 2016/12/15(木)発売
シルバー (CUH-ZCT2J15) 2016/12/15(木)発売
グリーン・カモフラージュ (CUH-ZCT2J16) 2017/3/9(木)発売
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
6,998円 数量限定 生産終了 カラバリモデル

ワイヤレスサラウンドヘッドセット、その他


プレミアムワイヤレスサラウンドヘッドセット
CUHJ-15005

ソニー・インタラクティブエンタテインメント
19,440円 
人気のPS4純正バーチャル7.1chサラウンドヘッドセットに高級モデルが登場。シリーズ初となる50mmの大口径ドライバーを採用。

ワイヤレスサラウンドヘッドセット
CUHJ-15001

12,960円
PS4/PS3専用バーチャル7.1chワイヤレスサラウンドヘッドセット

ハイスピードHDMIケーブル
CUHJ-15000

1,944円
長さ:2.0m
※HDMIケーブルは、PS4並びにPS4 Pro本体に標準で同梱されています。

PlayStation VR関連


PlayStation VR
(プレイステーション ヴィーアール)
CUH-ZVR1シリーズ

ソニー・インタラクティブエンタテインメント
PlayStation Camera同梱版 53,978円 CUHJ-16001
通常版 48,578円 CUHJ-16000 (PlayStation Camera所有者向け)/
*PSVRは年齢制限があります。12歳未満の方は使用できません。ご注意ください。
PSVRについては、記載が長くなりましたので別ページへ移設しました。

PlayStation Camera
CUH-ZEY2J

ソニー・インタラクティブエンタテインメント
6,458円
4チャンネルアレイ式マイクロホン内蔵
本体との接続は、PS4専用端子(AUX端子)。
ケーブル長:約2m
このカメラは、PlayStation VR対応タイトルで必須となるほか、対応ゲーム(PlayRoom)、ゲームプレイを顔出しでストリーミング配信するとき、顔認識でログインするときに使用します。
マイク機能は、ボイスチャットなど対応ゲームやアプリで使用できます。また、音声認識による操作が可能です(ログイン、ホーム画面からゲームを起動、スクリーンショット撮影、ゲームからホーム画面に戻る、電源OFF)。


PlayStation Move モーションコントローラー
CECH-ZCM1JY

ソニー・インタラクティブエンタテインメント/SIE
5,378円 再発売(型番変更、付属品にUSBケーブルも追加)
PS4では、PS VRの対応ゲームに使用することが出来ます。
PS3用周辺機器として発売された旧型番*の価格と比べて、1,284円値上げされました。但し、新たに付属品としてUSBケーブルを追加しています。基本的には同じものですが、細かな仕様変更があるかどうかなどの詳細は不明です。
*旧型番をお持ちの方は、そのまま使えますので買い替え不要です。
*旧型番(2010年発売モデルCECH-ZCM1J、2012年発売モデルCEJH-15018)
*ひとりで2本(両手に1本ずつ)必要なゲームも有りますので、ご注意ください。

PlayStation VR シューティングコントローラー
CUHJ-15006

6,458円 特定タイトル専用のガンコントローラー
対応タイトル:FARPOINT

PlayStation Plus 利用権


PlayStation Plus 利用権
ソニー・インタラクティブエンタテインメント


1ヶ月 514円 (購入は、ウォレットの残高からの支払いのみ)

3ヶ月 1,337円
 (1ヶ月あたり約445.6円相当)(金額は1ヶ月利用権の約2.6ヶ月分に相当)

12ヶ月 5,143円
 (1ヶ月あたり約428.6円相当)(金額は1ヶ月利用権の約10.0ヶ月分に相当)


PS4のオンラインマルチプレイは有料です。
PS4でのオンラインマルチプレイには、定期課金のPlayStaion Plusへの加入が必要です(『FFXIV 新生エオルゼア』などの一部ゲームを除く)。この点がPS3、PSP、PS Vitaと異なります。

PlayStation Plusの支払い方法は、PS4でのオンラインマルチプレイ頻度を念頭に置いた上で決済方法を一考する必要があります。下記にポイントをまとめてみましたので、ご参照頂ければ幸いです。

PS4本体1台を家族で利用するなら、
PS Plusの加入はその内のひとりだけでOK。

なお、PS4で遊ぶ家族全員が加入する必要はありません。家族の内でひとりの方がPS Plusに加入していれば、「いつも使うPS4」に設定された本体に限り、非加入の家族の方もオンラインマルチプレイが楽しめます。

習慣的にゲームを遊んでいない方は、1ヶ月毎の課金で良いと思います。
ゲームを1ヶ月以上遊ばないことがある、または今後その可能性があるという方は、3ヶ月や12ヶ月の複数月連続利用権のお得さというメリットが得られるかどうかの見通しが難しいため、1ヶ月毎にその都度課金する方が良いと思います。3ヶ月や12ヶ月の複数月連続利用権と大きな金額差もないです。まとまった出費はしたくないという方も、1ヶ月毎の課金がお薦めです。


PS Plusの加入方法と決済方法

1. プレイステーション ストアのウォレットに必要金額をチャージして、PS Plus利用権を購入する。

PSプラットホームのゲーム機は、機種毎に選択可能なチャージ方法が異なります。PS3、PS Vita、PS4と複数の異なるゲーム機をお持ちで、ゲーム機からチャージをする場合は少し注意が必要になります。例えば、PS3で利用できた「楽天Edy」は、PS4で利用できません。また、PSPやPS Vitaでは、PayPalが利用できません。

また、ゲームソフトをダウンロード版でよく購入されるヘビーユーザーの方は、決済方法の多様さと出先で購入後にダウンロード予約ができる利便性の良さがある、スマートフォンアプリ「PlayStation App」(Android 4.0以降またはiOS 6以降)やPCなどのからWebブラウザでアクセスできるPC版のPlayStation Storeも要チェックです。(なお、PS VitaのブラウザからPC版のPlayStation Storeへアクセスは出来ませんのでご注意ください)

ウォレットとは? チャージ(入金)する方法は?
PlayStation サポート - PlayStation.com(Japan)
https://support.jp.playstation.com/app/answers/detail/a_id/499


ここでは、PS4本体に限定してウォレットへのチャージ方法についてまとめてみました。

1.a. クレジットカードでチャージ
(1,000円/3,000円/5,000円/10,000円/上限の20,000円まで)

1.b. プリペイドカードを購入して、プロダクトコードを入力
プレイステーション ストアカード
販売店:コンビニエンスストア、ゲーム取扱店
(3,000円/5,000円/10,000円)

1.c. プリペイドチケットを購入して、プロダクトコードを入力
プレイステーション ストアチケット
販売店:コンビニエンスストア、ゲーム取扱店、WebMoney PINCOM、BitCash、楽天Edy、e-id
(1,000円/3,000円/5,000円/10,000円)

1.d モバイル決済

1.e. PayPal

このように、PS4本体での決済方法は、現金、電子マネー、携帯電話の利用代金で請求を受けるモバイル決済(ドコモ ケータイ払い、auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払い)、PayPalがあります。

この中で最も気軽に利用しやすいのは、コンビニエンスストアでプレイステーション ストアチケットの1,000円を現金で購入することだと思います。

いずれにしても、これらの"ウォレットにチャージした金額から支払う形式"では、ウォレットに残額が生じます。したがって、余計な残額を生じさせにいと思われる、最も利用する頻度の高い支払い方法を選ぶのがポイントです。

プレイステーション ストアカード/チケット
PSN - PlayStation.com(Japan)
http://www.jp.playstation.com/psn/psct/

2. プレイステーション プラスカードを購入して、プロダクトコードを入力する。

3ヶ月 1,337円
12ヶ月 5,143円
販売店:コンビニエンスストア、ゲーム取扱店

現金で購入できる上、ウォレットに残額を出さないので、金銭的な無駄が発生しない決済方法です。但し、1ヶ月利用権は販売されていません。

3. プロダクトコードを入力して有効化する。

無料体験用プロダクトコードを入手
入手方法:同梱版本体やキャンペーンなどの特典として入手できることがあります。




その他:PS4関連の記事

パッケージ版ゲームソフトの発売予定表
カテゴリー「PS4:発売予定タイトル」
http://keyrg.jugem.jp/?cid=43



購入と使用は自己責任のマニア向け
SCE純正で日本未発売の周辺機器
バーチャル7.1chサラウンドヘッドセット

Gold Wireless Stereo Headset
PS3/PS4 日本未発売のSCE純正バーチャル7.1ch『Gold Wireless Stereo Headset』の特長について。専用アプリでサウンドモードの追加も随時実施中。
http://keyrg.jugem.jp/?eid=601


PULSE Wireless Stereo Headset Elite Edition
PS3/PS4『PULSE Wireless Stereo Headset Elite Edition』は、バーチャル7.1chサラウンドに重低音の振動変換と専用サウンドモードアプリなどが特徴の高級モデル。但し、日本未発売。
http://keyrg.jugem.jp/?eid=308



JUGEMテーマ:ゲーム

関連記事 (同カテゴリーで最新5件の記事)

スポンサーサイト


Now Reading Post or Latest 5 Posts

Categories カテゴリー

Monthly Archives 月別アーカイブ

about me



RSS 1.0

Profile プロフィール

QR code, RSS and Atom

ページ別訪問数 ランキング

ページ別訪問数 トップ20
集計期間:2017/6/1〜6/30
計測:Google Analytics

  1. UEFIモードを有効にしてWindows 7 64bitをインストールする方法。

  2. AMDのグラフィックスドライバー更新手順:アンインストールから『Catalyst 13.8 Beta』のインストールまで (Windows 7)

  3. PS4 2017年以降発売予定タイトル

  4. PS3本体CECH-4200:先代CECH-4000との明確な違いとラインナップをまとめてみた。

  5. AMDのドライバーとユーティリティ『Catalyst』のアンインストール作業手順 (Windows 7)

  6. 機能削除の新型番CECH-3000出荷開始。メリットとデメリットを考える。

  7. Wii Uで有線LAN:Splatoonを快適にプレイ「I-O DATA『ETX3-US2』の導入とMTU値の変更について」

  8. 簡易水冷一体型CPUクーラーCORSAIR 『Hydro Series H60』(CWCH60)をAMD 『A10-5800K』(Socket FM2)に取り付けてみた…が、独特の騒音が我慢できず外した。

  9. Logicool Wireless Keyboard K270 は、安くて良い。安物としては、上出来な方だと思う。

  10. 新型PS Vita Wi-Fiモデル PCH-2000:仕様から見た現行型との比較及び本体ラインナップをまとめてみた。

  11. 最新型PS3本体「CECH-4300C」発売。CECH-4200との違いをチェックしてみた。

  12. HDDは、クイックフォーマットしない方が良い。

  13. PS3本体CECH-4000シリーズ。CECH-3000との違いを調べてみた。

  14. 最強のBIOS更新機能 ASUS「USB BIOS Flashback」を使ってみた。

  15. D端子からHDMIに変換してPSPのゲームを録画してみた。MAYFLASH VH001+HD70A(HDCAPPCIE)

  16. PS3のHDD換装用として、SeagateのSSHD(500GB)を購入。

  17. ASUS EPUスイッチの省電力効果をワットチェッカーで確認。負荷が高いほど効果大だった。 (A10-6800K+F2A85-M PRO)

  18. PS3/PS4『Wireless Stereo Headset』の7.1chバーチャルサラウンドが、なんとBlu-rayやDVDのビデオ再生にも対応!(Ver4.20) 但し、日本での発売予定は、なし…。

  19. 【解決済み】PS3やPS VitaでIPフラグメントパケット非対応となる問題は、6/27(木)に終息した模様。

  20. EPGDataCap_Bon10.42の設定。下書き版。

ソニーストアソニーストア

メモ

JUGEMの広告

無料ブログ作成サービス JUGEM

ゲーム発売予定表

レコメンド


昨今の新しいPS3本体は
最初期型より6割も省エネ
コストダウンモデル
最新型PS3本体
CECH-4300C
チャコール・ブラック
28,058円 HDD500GB
記事:仕様変更部分まとめ
その他の参考記事:
CECH-3000Avs.最初期型
消費電力比較
※据え置き型ゲーム機の新作ソフトは、ほとんどがPS4へ移行しました。最新ゲームで遊びたいという方は、PS4をご検討ください。



PS3/PS4のHDD換装なら
HDDより速いSSHD
よく使用されるデータはSSD部分にセットされるため、起動や繰り返しプレイの多いゲームの読み出しが高速に。動作音も静か。
Seagate
FireCuda 2.5 SSHD
2TB
ST2000LX001
2016/10/21頃発売
記事:旧モデル500GB版の購入レポ



グラフィック重視なら
PS4 Pro。
同性能レベルのPCよりも
圧倒的に安いのが魅力
SCEJA
PlayStation 4 Pro
ジェット・ブラック
CUH-7000BB01

48,578円 HDD1TB
2016/11/10発売予定
PS4本体・周辺機器一覧
PS4発売予定表



オンラインマルチプレイの利用以外にもなく様々な特典があります。
PlayStation Plus
3ヶ月利用権 1,337円
(1ヶ月あたり445円相当)
Amazon.co.jpギフト券やクレジットカードで購入可能です。PS+で毎月設定されるフリープレイタイトルは、一度購入手続きをすると加入中はずっと遊べるレンタル形式になっています。ディスカウントセールでは加入者割引で更にお得になる機会もあります。



三菱ゲーマー液晶
後継機種の最新モデル
フリッカーフリーLED
表示遅延0.05フレーム
D端子廃止HDMI端子x4
アイ・オー・データ機器
LCD-RDT242XPB
48,384円



Nintendo Switch
Splatoon 2
(スプラトゥーン2)

6,458円
2017/7/21(金)発売予定
誰もが夢中になる
名作ゲーム最新作登場!



Wii UやNintendo Switchのオンラインゲームには有線LANアダプタがお薦め。特にSplatoonなどリアルタイムのアクション系ゲームでは、通信の安定性向上に期待できます。
人柱で購入しましたが問題なく使用できています。
Splatoon 2先行試射会で
動作確認済み。
アイ・オー・データ機器
ETX3-US2
2,268円
記事:使用&設定レポート



Nintendo Switch
スプラトゥーン2セット
38,836円
2017/5/18(木)11:00〜
順次予約受付開始!
ネット予約は激戦必死。
店頭予約もしくは
セット商品が狙い目です。
Amazon.co.jpセット商品
任天堂公式ライセンス取得
液晶フィルム+ポーチ付き



Nintendo Switch
Proコントローラー

スプラトゥーン2
エディション
8,078円
Nintendo Switchの
マストアイテム。
本気でやるなら必須。
握りやすさ、ボタン配置、
クリック感が最高!
買って損なし、絶対お薦め!



特長は液晶より鮮やかな発色の有機ELディスプレイ
より綺麗なグラフィックで
楽しみたい拘り派の方向け
SCEJA
PlayStation Vita
3G/Wi-Fiモデル 限定版
PCH-1100 AB01
20,551円
PSVITA 本体・周辺機器
PSVITA 発売予定タイトル



コスパ最強ベストセラー
ワイヤレスキーボード
BIOS画面でも使えます。
ロジクール
Wireless Keyboard
K270
記事:K270購入レポ
新しいファームウェアもチェック
脆弱性対処済みファームウェアは、Unifying Softwareの[詳細]-[ファームウェアを更新する]で導入可能です。



3x3 IEEE802.11ac対応
有線がギガで速い
NECプラットフォームズ
AtermWG1800HP2